めざめるパワ〜

めざめるパワ〜というのは、おぼえさせるポケモンによって
ワザのタイプ・威力が変わってきます。
もちろん、同じ種類のポケモンでもタイプや威力は変わってきます。
めざめるパワ〜のタイプや威力はそのポケモンの個体値によって
決まってくるからです。


めざめるパワ〜のタイプの決まり方は、
攻撃が0,4,8,Cにおいて、防御が0,4,8,Cのときタイプはかくとう
攻撃が0,4,8,Cにおいて、防御が1,5,9,Dのときタイプはひこう
攻撃が0,4,8,Cにおいて、防御が2,6,A,Eのときタイプはどく
攻撃が0,4,8,Cにおいて、防御が3,7,B,Fのときタイプはじめん

同様に1,5,9,Dにおいては、いわ・むし・ゴースト・はがね
同様に2,6,A,Eにおいては、ほのお・みず・くさ・でんき
同様に3,7,B,Fにおいては、エスパー・こおり・ドラゴン・あく
と、言うふうになっています。すごいわかりにくいです……(^^;

こっちの方が、わかりやすいかも……

攻/防 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
A
B
C
D
E
F

タイプの表記方法
くさ→草 ほのお→炎 みず→水 でんき→電
かくとう→闘 ひこう→飛 どく→毒 じめん→地
いわ→岩 ゴースト→ゴ むし→虫 こおり→氷
あく→悪 はがね→鋼 ドラゴン→ド エスパー→エ

と、まぁ、こんな風になっています。



続いてはめざめるパワ〜の威力についてです。

めざめるパワーの威力もやっぱり個体値によって決まります。
めざめるパワーの威力の基礎威力は31です。つまり31を下回ることは
ありません。そして、威力の最高値は70です。ということはいくら
威力が高くても70止まりです。

それでは、くわしく見ていきましょう。
威力に対して、各個体値がある値になったときに、修正が加えられます。

攻撃が8〜Fにおいて+20
防御が8〜Fにおいて+10
素早さが8〜Fにおいて+5
特殊が0,1,4,5においては±0
特殊が2,3,6,7においては+1
特殊が8,Cにおいては+2
特殊が9,A,D,Eにおいては+3
特殊がB,Fにおいては+4

と、言うふうになっています。

↓上のよりはわかるかな?

  0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
攻撃   +20
防御   +10
素早さ   +5
特殊     +1     +1 +2 +3 +4 +2 +3 +4

と、なっています。
では、具体例をあげて説明していきます。
たとえば、ポケモンの個体値がB583(テキトー)だとすると、

攻撃がBと言うことは+20
防御が5と言うことは±0
素早さが8と言うことは+5
特殊が3と言うことは+1

よって、31+20+0+5+1=57で、こおりということになります。
忘れずに基礎威力31を足しましょう。
参考ですがこのときの形はJです。

もし、すべての個体値がFだった場合、
31+20+10+5+4=70で、あく・Zということになります。


めざめるパワーを威力70でかつ最高の個体値で使いたい人へ
かくとう CCFF ほのお ECFF
ひこう CDFF みず EDFF
どく CEFF くさ EEFF
じめん CFFF でんき EFFF
いわ DCFF エスパー FCFF
むし DDFF こおり FDFF
ゴースト DEFF ドラゴン FEFF
はがね DFFF あく FFFF





1号館1階     1号館20階