(1)  ダメージ計算の基礎

☆打撃攻撃わざ
((攻撃早Aのレベル*0.4+2)*わざの威力*攻撃早Aのこうげき
/防御早Aのぼうぎょ/50+2)*相性の倍率*(217〜255)/255

☆特殊攻撃わざ
((攻撃早Aのレベル*0.4+2)*わざの威力*攻撃早Aのとくこう
/防御早Aのとくぼう/50+2)*相性の倍率*(217〜255)/255

打撃タイプ
  ……ノーマル・かくとう・ひこう・どく・じめん・いわ・むし・ゴースト・はがね
特殊タイプ
  ……ほのお・みず・くさ・でんき・エスパー・こおり・ドラゴン・あく
(2)  ダメージ計算の詳細
金・銀・クリスタルバージョンでは、ふつう次のように計算されます。
ここでの攻撃・防御は、打撃攻撃ならこうげき・ぼうぎょ、 特殊攻撃ならとくこう・とくぼうをあらわします。

a : 急所にあたったときに攻撃早Aの攻撃ランクが防御早Aの防御ランク以下だったら 補助効果・バッジ・リフレクター・ひかりのかべ・やけどの影響のない攻撃・防御で計算する。 そうでなければのそれら影響を加えたものを使用する。
b : でんきだま・ふといホネ・メタルパウダーの影響を計算。
c : わざがじばくかだいばくはつならば防御/2


★金・銀・クリスタルバージョンでは、ここで攻撃が1024を超えている場合に 実際はそれより1024低い攻撃になってしまう問題があります (俗に「オーバーフロー」と呼ばれる)。 つるぎのまいを使ったふといホネ持ちのガラガラなどで これが起こる可能性があります。


☆ダメージ計算本体(aからdの手順を行う)

a : ダメージ=(攻撃早Aのレベル*2/5+2)*威力*攻撃/防御/50
b : 技のタイプと補助アイテムのタイプが一致した場合、ダメージ1.1倍
c : 急所にあたった場合、ダメージ2倍
d : ダメージ+2


☆各種補正

a : 天候による補正
    大雨のときの水タイプわざ : 1.5倍
    大雨のときの炎タイプわざ : 0.5倍
    強い日差しのときの水タイプわざ : 0.5倍
    強い日差しのときの炎タイプわざ : 1.5倍
    大雨のときのソーラービーム : 0.5倍
b : バッジによる補正。
    16種類のバッジに対応したタイプの攻撃のダメージアップ。
    例えばウイングバッジを持っているとき、ひこうタイプわざのダメージ9/8倍。
c : 攻撃早Aのポケモンのタイプとわざのタイプが同じ場合、ダメージ1.5倍
d : わざと防御早Aのポケモンのタイプの相性による補正


☆ランダム化

a : ダメージ*(217〜255の範囲の乱数)/255


以上の計算で出た数値が相手に与えるダメージです。
赤・緑・青・ピカチュウバージョンの計算では細かいところで異なりますが上とほぼ同じです。
(3)  バッジの効果
金・銀・クリスタルバージョンでのバッジの効果は次の通り。

ウイングバッジを持っている→こうげき9/8倍
スチールバッジを持っている→ぼうぎょ9/8倍
レギュラーバッジを持っている→すばやさ9/8倍
アイスバッジを持っている→とくこう9/8倍
攻撃わざと同じタイプを表すバッジを持っている→ダメージ9/8倍


バッジの効果はゲーム中のバトルのみで、通信対戦での効果はありません。
ステータス画面の能力値の表示にはバッジの影響は含まれません。





1号館1階     1号館12階